設営


株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌で特定建築物定期報告のことなら、株式会社北工房がおすすめできます。特定建築物定期報告は、デパートやショッピングモールや医療施設や宿泊施設など多くの公衆が集まる建築物は、専門的な資格を持った技術者が調査して行政庁に報告する義務のことです。特定建築物定期報告は建築基準法12条によって定められていて、1年に1回か3年に1回は行う必要があり実施しないと罰せられるのです。それは不特定の大勢に人が集まる施設は災害が発生すると、それだけ甚大な被害が発生する可能性があるため、安全性を確保するためには必要な措置だからです。そして特定建築物定期報告を行うに際して実施する調査は、敷地および地盤、建築物の外部と内部、屋上および屋根、避難施設等の調査を行います。次に建築設備定期検査では、機械換気設備、機械排煙設備、非常用の照明装置、給水設備および排水設備を行います。そしてこの調査を行うには一級建築士および二級建築士、建築基準適合判定資格者、特殊建築物等定期調査資格者のうちいずれかの資格を持つ技術者が行う必要があるのです。札幌の株式会社北工房は設計事務所であり、資格を保有し建築物の構造や設備に精通している専門家なので、安心して調査を依頼することができます。調査して問題点が見つかった場合でも、適切な対応を行うことができるのが強みです。株式会社北工房は長年の調査実績があり、これまでも共同住宅、マンション、病院、老人ホーム、店舗、ホテルなどの調査を行ってきています。圧倒的な経験があるので信頼できます。株式会社北工房に特定建築物定期報告のことで調査を依頼するには、電話やメールで相談することができます。調査について話合うときに図面や報告書があれば助かります。しかし書類がない場合でも対応してくれるので大丈夫です。特定建築物定期報告について聞きたいことがあれば、株式会社北工房では親切丁寧に相談にのってくれるので連絡してみてください。
Tagged on: , 特定建築物定期報告は札幌「株式会社 北工房」にお任せ下さい|定期調査・定期検査
PAGETOP
Copyright © 山盛り情報バンク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.